医者

アポクリン汗腺の破壊で臭いの呪縛を解く|話題のミラドライでわきがを治療しよう

エクリン腺との関係

わき

臭いの発生の仕方

わきの多汗症を治療するためには、いくつかの方法があります。その中でも最も治療効果が高いのが【剪除法】です。剪除法とは、わきの下を数センチ程度切開し、アポクリン腺とエクリン腺を切除する手術です。ニオイや汗の原因を根本から断つため、それらの汗腺が再生しない限りは効果が永続することになります。ただし、わきが臭の原因となるアポクリン腺は完全に切除が可能なのに対し、一般的な汗を出すエクリン腺は完全に切除することができません。そのため、汗の量は激減するとしても、完全に汗が出なくなるわけではないのです。ニオイを気にしている場合は、予めエクリン腺のニオイは残ることになる点について、理解しておく必要があります。

性格改善を行う

多汗症を治療するためには、剪除法が最も効果的です。しかし、エクリン腺は完全に切除することができないため、いくらか残ることになります。多汗症治療には非常に有効な剪除法ですが、エクリン腺のニオイについて悩まれている人は、剪除法によって悩みが解決することはありませんので、注意する必要があります。緊張しやすい人や、ストレスの溜まりやすい人は、エクリン腺からの発汗が多くなるため、アポクリン腺も活性化される傾向にあります。そのような人は、例えわきの剪除法を行っても、残されたアポクリン腺が活性化して、そのニオイに悩まされることもあるようです。場合によっては、剪除法を受けるよりも、ストレスマネジメントや、性格改善を行う方が多汗症に効果的なこともあるのです